×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



人名事典
フレイルキャラクターの人名事典です。
管理者の知識の範囲内での記述ですので、ご理解お願いいたします。
誤った記載等ございましたら、掲示板よりご連絡いただけるとうれしく思います。

デート実装キャラはチビキャラをクリックすると、別窓でタイムスケジュール等が表示されます。
ストーリーイベントの内容に伴って、行動が変わる場合もございますのでご注意ください。
尚、好き嫌いそれぞれのアイテムは、主なものしか載せておりません。詳しく知りたい方はキャラ情報専用サイト様等をご利用ください。
※現在ストーリーイベント再リリースによりスケジュール調査を休止しております。
 UPされているスケジュールも現在のものとは違っておりますのでご了承ください。




アイローネ シャムロック出身。アーレントの産みの母で、元々はダイゼン将軍家の侍女だった。若くして亡くなるが、レイヴンはその死の真相を知る模様。
アクイラ 先代スザク女王の御世の女鍛冶師。優れた剣を求めるあまり、ナイトメアと契約し13の妖刀を鍛えた。自らが鍛えた”暁闇”にて殺される。
アトリ フレイル王家王子で、オオジュリン姫の弟。病弱だが、暢気な両親の代わりに政をとりしきる為、心労多し。自由奔放な姉のフォローに大忙し。
アビ テッケイの母。以前は定食屋を開いていたが、現在は闘病中。元の名は「マーチェ」といい、バンとは幼馴染。6代目ウトウヤスカタと関係あり?
アラカン 前フレイル国女王王配で、オーストン公レディー・アン・ズーの弟。芸術を愛し、政には興味を示さなかった。オオジュリン姫誕生の1年前に没。
アルキュオン シトドのギンガ時代の名前。セッカの兄弟子。当時くるくる巻き毛だったらしいが、ストレートになった理由は謎。
アルバ 正体不明の診療所の居候で、誰からも愛される大食い天然キャラ。記憶の中の母を探し続けている。妖姫たちの父と人間の母の間の子。
アーレント ダイゼン将軍家次男だが、兄弟2人とは母親が違う。絵の才能に秀でているが病弱。一人で将軍家敷地内の離れに住む。
アヤワースカ エムベリーザの父。シャムロック人。
アンカ オーストン公アン・ズーの末妹でブーボの母。一介の真珠職人と駆け落ちした。
アン・ズー オーストン公爵で御歳140歳。三つ子姫の母。家督を争い権力を振りかざすばかりの身内の所業に心を痛め、なかなか隠居できずにいる。
イカル バン飯店居候の大食い大王。剣の腕が立ち、女性のファンも多いが、その正体は・・・。背に妖刀による大傷があり、妖刀の気配にあてられ苦しむことも。
イビス 花街藤屋の花魁で現在人気ナンバーワン。ギンガ出身で、裏の顔もある様子。おつきのカムロはシトド。なぜかノスリを気に掛ける。
ウズラ 行き倒れているところをイカルに拾われ、現在バン飯店に居候中の踊り子。イカルにゾッコン。動物と話せる植物の精霊。好物は虫!?
(6代目)ウトウヤスカタ 剣の腕を見込まれウトウ家に婿入り、6代目を襲名した。王宮より妖刀”暁闇”を盗み出し、愛弟子であるオオジュリン姫暗殺未遂を起こす。元の名はパシクル。
エムベリーザ 現フレイル国王妃。シャムロック出身でグレイル留学中にエンオウと恋に落ちた。歌と家族を愛する天真爛漫な女性。
エンオウ 現フレイル国王。前スザク女王の次男だが、オオジュリンが産まれた事で王位についた。穏やかで人を疑うことを知らない性格。
オオジュリン フレイル国嫡姫。5年前、剣の師である6代目ウトウヤスカタに妖刀で襲われ、背中に大傷を受ける。
オーストン15公子 オーストン公の三つ子姫の息子達。見た目はイカルそっくり。写真はその内の一人イスカ。
オオルリ マゴメル家の姫で兄はツバメ。父がオーストン公家出身のため、王位継承権を持つ。以前アトリ王子と婚約していたが、今はレイヴンの婚約者。




カケス 花街近くに住む細工師。甘い物好きでカッチ・ツバメと仲良し。闇の顔を持っている模様。
影武者姫 出奔中のオオジュリン姫の身代わりとして、王宮姫の離れに姿を見せる。その正体はセルチェ。
カッチ 町方でヨウカン王。甘いものと聖乙女がスキ!?ツバメを慕う。
カミヌトル
カメリア エムベリーザの母。シャムロック人。
霧姫 ナイトメア、妖姫。水・泥・砂の3妖姫の姉。ダイゼン将軍に憑く。
クイナ 町方。あまり仕事熱心じゃない様子。
コウラウン 故人。聖鈴司祭。薬草集めが趣味?
コガモ、コヨシ 花街麹屋の花魁。
コサメ、コツコ 花街麹屋の花魁。
コガラ 宮廷に勤める女官。
コ・サイチョウ 26期にサザキ組新入りとして白鳥屋殴りこみ事件を起こす。
コノリオイモン 真コノリエッサイを名乗り、ハッカン道場より神剣を盗みだした。現在改心してタゲリとチリーに滞在中。
コルリ フレイル王宮女官長。ファンクラブあり。セリン太夫と恋仲だった?




サザキ キンケイの運搬業、サザキ組の親分。裏の顔がありそう。
ジィラ オーストン公三つ子姫の一人。息子を5人持つ。姉妹で権を争ってばかりの、オーストン公の悩みの種。
シェラ オーストン公三つ子姫の一人。息子を5人持つ。姉妹で権を争ってばかりの、オーストン公の悩みの種。
シギ オオルリ姫のばあや。姫中心に世界が回っている人。ツバメがオオルリの次に苦手な人。
シトド 花街藤屋のイビス付のカムロ。ギンガ出身でイビスに従い、裏ではいろいろ活動している様子。ギンガ出身で元の名はアルキュオン。
シジュウカラ 花街麹屋のジュウシマツ付のカムロ。イカルさまにぞっこんでデートの際に手を握られて卒倒したりしている。シトドへのライバル心強し。
ジュウシマツ 花街麹屋の太夫で花街筆頭太夫。己に厳しく、その舞は女神にも通じると言われるほど。意外に宮廷小説好き。
シューラ ハッカン道場跡取りでロビンの親友だったが、強さを求めるあまり妖刀に魅入られ辻斬りを行う。レイヴンの妖刀によって斬られる。
ジュラ オーストン公三つ子姫の一人。息子を5人持つ。姉妹で権を争ってばかりの、オーストン公の悩みの種。
シロエリオオハム 昔はかなりならした粋なおじいちゃま。レンカクを息子のように可愛がっており、レンカク邸は元々彼のお屋敷らしい。チョウゲンボウと張り合いつつ、オオジュリン姫の為に骨を折る。
スザク 前フレイル女王。母がホーリーで246歳という長命だった。11年前に没。
砂姫 妖姫3姉妹の一人。童女の姿をしている。
セイラン 23年前の疫病で母を亡くしたノスリの育ての母で、トキの実母。旅芸人で舞姫と呼ばれた女性。乳飲み子2人は育てきれず、ギンガに預けた。
セッカ ギンガの数少ない女性門徒。わがままな大師、天然な兄弟子、シュールな後輩を持ち苦労が多そう。
セリン 5年前、オオジュリン姫暗殺未遂事件で姫をかばい妖刀に散った藤屋の太夫。ジュウシマツ太夫の姉太夫。
セリン(子) 故セリン太夫の息子。父の妖刀の呪い傷を浄化する術を探せという遺言を受け、ダイナ全土を巡っている模様。シャムロックで目撃されたことあり。(※チビキャラクリックで姿絵)
セルチェ 王宮オオジュリン姫付の女官。バットの妹。姫からはもちろんアトリ王子からの信頼も厚い。かなり腕も立つ模様。
掃天 オオジュリン姫の鳥。人語を解し、出奔中の姫に内密の文を届けたりする。
ソテツ フェニックスの本名。シャムロック、カナリエンス伯レディー・アイロステラの息子。




ダイゼン フレイル国王エンオウの兄。将軍。弟に姫が生まれた為、王位を継げず人格がゆがんでしまった模様。霧姫に憑かれており、裏で色々画策中。
タゲリ 元王宮近衛士。魔物討伐の際、仲間を見捨て一人で逃げ帰り、以後身を持ち崩す。借金を重ねては甥のトビを苦しめていた。
たーしゃ 通りすがりの聖乙女としてイベントに登場。
チョウゲンボウ ギンガ寺院総帥。“序破急”という必殺技も使える、強くて偉いお坊さん。普段はお嬢ちゃんと宮廷小説の好きな可愛いおじいちゃま。
ツバメ マゴメル伯子息。家を飛び出て現在は一官吏となり、上司レンカクの世話に苦労している。身に着けている服はグレイル「白銀」製。
ディアト 女剣士で若き頃のバン・トウネンの恋人。もしかすると神剣“水薙”はこの人の手に?
デヴェクシュ ダイゼン家末子ロビンの本名。この名で呼ぶのは家族くらいのもの。
テッケイ キンケイに店を構える鍛冶屋。オーストン出身で父はパシクル、母はマーチェ。神武具や妖刀に詳しい事情通。36歳。
天青 アトリの鳥?人語を解し、文使いなどをする。
テンドウ フレイル前々代国王。
トキ ノスリが行方を捜す兄弟子。正体は明かさないまま、ノスリを見守り助ける。現在の姿は・・・。
トサカ 町方隊長。チリーのヤイばあさんの孫。
トビ 診療所に居候し、入院患者の世話や家事をこなす少年。料理が得意で、将来は薬膳料理家をめざす。
泥姫 妖姫3姉妹の一人。泥屋敷事件を起こし、神剣『雪姫』を奪う。園遊会にて返り討ちにあい、無に帰した。
泥姫 泥屋敷事件の際に見せた、泥姫の化けた姿。




ノスリ ギンガ寺院師範。神武具”山翡翠”継承者。山から去ったトキ道兄を探し求めているが、顔は忘れてしまったらしい。




ハゴロモ ウトウ家直系だが、婿をとりその人物がウトウヤスカタを継いだ。婿が大事件を起こしたため家は取り潰し、婿は行方不明、娘は病死して、現在はひっそりと暮らす。
パシクル オーストン出身でバン、マーチェと幼馴染。マーチェとの間に一男をもうけるが、マーチェが子と共に姿を消し、ウトウ家へ婿入りする。
ハズク マゴメル伯で、ツバメとオオルリの母。マゴメル茶の商いで成功を収める。王家と縁続きになり、モタキッラと王妃、両方によい顔を見せている。
バット 以前はオオジュリン姫の警護をしていたが、5年前の暗殺未遂事件で働けなかったことを悔やみ辞職。現在はロビンの守役を務める。お裁縫の腕はかなりのものらしい。
ハブラーン グレイル国コリドラス前公配。エネウスの父。フレイル現国王エンオウの従兄弟に当たる。
バン・トウネン キンケイ城下の居酒屋「バン飯店」亭主。昔は剣豪としてならし、ご婦人がほおっておかないなんばーわんだったとか。チャタム丼、スザク餃子等名物多し。
ヒガラ 王宮勤めの女官。
フェニックス シャムロック出身。本名ソテツ。ギンガで修行中だが、言葉使いは独特だし、行動は??
ブーボ マゴメル伯配。ツバメとオオルリの父。オーストン公家の出身だが、三つ子姫及び15公子には蔑まれている為、かなり卑屈になっている。




マグノリア エムベリーザのシャムロック名。
マシギ ギンガの女性師範。かなり強いみたい。
マメルリハ キンケイ教会の女司祭長。
ミサゴ 花街男衆。主に太夫さんの警護や細々とした用事を頼まれている。
水姫 妖姫3姉妹の一人。45期でレイヴンと取引し、妖刀”闇星”を手に入れた。
昔美小姓 かつて故アラカン公の小姓を勤めていた老人。王宮に訪れた聖乙女に色々な裏話を聞かせてくれていた。
芽意寺屋女将 手広い商いをするキンケイ一の商館の女将。高貴な方々の注文も受け、なかなか事情通の様子。
モタキッラ セントラル高位神官を両親に持つダイゼン将軍の妻でレイヴン、ロビンの母。ロビンを溺愛。シャムロック人が苦手。裏があるのかないのか、いまいち本音の見えない人。




ヤイばあさん チリーの茶農家のおばあちゃん。一時タゲリとオイモンを養子にしようとした。
ヤタ フレイル始祖女王。
ヤブサメ ハッカン道場主で故シューラの父。過去に手合いで体が不自由になりながらも、多くの門弟を指導している。




レイヴン ダイゼン将軍長男。オオジュリンが産まれるまで、前スザク女王から王としての教育を受けた。異母弟のアーレントをとても大事にしている。
レチュサ キンケイに診療所を開くヒーラー。母が精霊の為若く見えるがかなりの御年で、物忘れが激しい。前スザク女王の誘いでグレイルから移住。
レディー・アウル 王国宰相。物事を円く治める名人らしい。
レンカク 男爵。王宮外交官でオオジュリンの守役。部下に仕事をまかせ本人は遊んでいるが、ここぞというときには頼りになるみたい。孤児で前スザク女王に拾われたが、それ以前の記憶はない。占い好きの33歳。
ロビン ダイゼン将軍家末子。本名はデヴェクシュ。ハッカン道場で修業中。親友シューラを亡くし、一回り成長。